Menu

アピールするうえで役立つ資格

プログラマーといえば、さまざまなプログラム言語を駆使する職業だ。

プログラムを組み、成果物としてシステムやソフトウェアを作ることが主な仕事内容となる。働く際には、資格や免許がなくてもプログラマーの仕事を始められる。だが、企業に属する場合には、いくつか関連資格を取得しておくことで採用される可能性が高くなることを知っておくといいだろう。さらに、働いていくうえで重要な役割を与えてもらえるきっかけにもなる。

プログラマーを目指す際に役立つ資格はいくつかあり、基本情報技術者もその1つだ。

この資格を取得すると情報処理技術者として一定の知識や技能を取得でき、さらに情報セキュリティやネットワーク、データベースなどの基本的な知識や技能も取得できるのが特徴である。また、基本情報技術者は幅広く認知されているのでIT系に疎い企業にも評価されやすく、有用な人材として採用される確率が高まるのだ。

そのほか、PHP技術者認定はPHPプログラミングに特化した知識を必要とする資格で、初級と上級の2種類がある。

プログラマーを目指す人によっては、必須ともなるプログラミング言語のPHPが復習でき、言語別の案件に応募する際に有利になるだろう。また、Javaプログラミング能力認定は1級から3級まであり、実際に面接などで有利になるのは2級以上からだ。取得することで、その能力を企業にアピールできるのはもちろん、さらにほかの言語資格の取得と合わせることで企業からの待遇の向上にも期待が持てるようになる。